これで安心!?居抜き物件選びで失敗しないコツ3選

内装の状態は自分の目で確認

居抜き物件の最大の魅力は、内装がそのまま使えることです。開業の初期段階において、内装工事費用は手痛い出費ですので、極力安く済ませたいもの。そんなとき、居抜き物件は非常に魅力てきですが、居抜き物件を選ぶ際は、内装の状態を必ず確認することをおすすめします。あまりに古い内装の場合、穴が開いていたり、あまりに汚れが強かったり、電化製品が壊れていたりと、そもそも使えない場合があります。そんなときは、処分費用を逆に負担しなければならないので、注意が必要です。

綺麗すぎる内装は注意が必要です

居抜き物件でも、ほとんど使用感がないかなり綺麗な状態の物件がたまにあります。そんな物件は、とても魅力的にみえますが、一度落ち着いていくつかのポイントを確認してみてください。まず、内装使用に関する権利金等が必要か不要か。家賃以外に内装を利用する費用が必要な場合もあります。また、家賃は付近の相場から考えて適正価格なのかどうか。内装費用が家賃に上乗せされている場合は、居抜き物件の魅力半減ですので注意が必要です。

異業種でも使えるものは利口に利用

居抜き物件をうまく活用しようとする時、建築士や店舗デザイナーが強い味方になってくれます。まずは、プロの目で居抜き物件を見てもらい、自分の希望通りのお店に改装できるかどうか判断してもらったほうがよいでしょう。全く異業種の店舗の居抜き物件であっても、ちょっとしたアイデアで、大幅にイメージが変わり上手に使えることもありますので、店舗デザイナーや建築士の意見は積極的に聞いてみましょう。中には、素人目には分からない掘り出し物の物件があるかもしれません。

古くなった店舗物件は利便性を向上させるためにリフォーム工事を行う必要があります。工事の際には利用目的と合致した造りを維持することが長く使い続けるための心得です。