やっぱり賃貸はやめられない!賃貸のメリット

ライフスタイルに合わせて住み替えできる!

賃貸物件の魅力は何と言っても、借りる人の家族構成やライフスタイルの変化に合わせて住居が替えられるということでしょう。一人暮らしの時は、コンビニやスーパーが近いと何かと便利ですね。家族が増えれば、間取りや広さ、公園や学校などの住環境も考慮して選ぶこともできます。また、転職や親の介護など突発的におきる事柄にも、住居を替えることでスムーズに対応できるかもしれません。あとこれはなるべく避けたいものですが、隣人とのトラブルなんかがあっても転居という選択肢が増えます。

メンテナンスがラク!

どんな住居にもある程度のメンテナンスが必要です。持ち家、賃貸どちらであっても日ごろの掃除などは欠かせませんね。ただ、長年住み続けていると必ずと言っていいほど直面するのが、網戸の張り替えや給湯ガスシステムなど既設備品の故障、経年劣化です。こんな時、持ち家であれば当然持ち主が自腹で対応しなければなりませんが、賃貸物件の場合は明らかに賃借人の過失がある場合を除いて、大家さん負担で修理、交換してもらえます。

トータルコストも結局持ち家と変わらない?

とかく持ち家と賃貸は、生涯にわたってどちらかを選択した場合のトータルコストが比較されてきました。多くの専門家が、双方をシュミレーションして公表していますが、その勝敗は五分五分というところでしょうか。この記事でも賃貸物件のメリットばかりをあげてきましたが、持ち家にも自分好みに住居をリフォームできるなどのメリットもたくさんあります。どちらにするか悩んだ時は、自分の人生設計において何を重視するのかを今一度考えてみると、より良い選択ができることと思います。

賃貸マンションやアパートを借りるときは、天井や壁にシミがないかチェックします。シミがあった場合雨漏りすることが考えられるので避けるのがベタです。