マンション売却を決めたらまずすることは?査定が重要

不動産会社によって査定額は大きく異なる?

マンションの価値というのは、1つの価値がついているわけではありません。不動産の売買は、買い手と売り手の両方がいて成り立つ取引です。極端な話ですが、3000万円で買った家を一億円で買いたいという人がいて、売り手もそれに納得をすれば一億円での売買契約が成立します。このように、買い手がいくらで買ってくれるかということが重要なのであり、それはさまざまな要素によって変動します。不動産会社の営業力や宣伝力などによっても大きく変わってくることがあるので、必ず複数の不動産会社に査定をしてもらって比較をすることが重要です。

ローンが残っているマンションを売る場合

ローンが残っている場合には、できるだけ正確な査定額を出すことが重要です。例えば、ローンの残高が2000万円だったとします。そして、不動産会社の査定額が2010万円だったとしたら、かなりギリギリの金額になってしまいます。ローンを完済できないと抵当権を解除できないので、買主から交渉をされても2000万円以下には値下げができません。いくつかの不動産会社に査定をしてもらって、できるだけ正確な金額を出して、できるだけ高く売ってくれるところに依頼することが重要です。

ローンを完済できない場合でも売ることができる?

ローン残高が2000万円だとして、査定額が1800万円になってしまったとします。すると、ローンを完済できないのでそのままでは売ることは難しくなります。この場合でも、差額の200万円を貯金などから出すことができれば問題は解決します。どうしてもローンが完済できない場合には、任意売却という方法が考えられます。しかし、任意売却では一定の制限がつくので、市場価格よりもやや安く売られてしまう可能性が高くなります。デメリットもあるので、よく考えて行いましょう。

マンションの売却を検討している場合、サポート体制が充実している業者を選ぶことで、初めてでもスムーズな売却を目指せます。