相続税対策としてやってみるべきことについて

節税対策というのは意外とあります

相続税というのは、意外とかかってくる人がいるのです。ですから、事前にある程度、対策をしてみるとよいでしょう。具体的にいいますと贈与になります。贈与というのは要するにお金を渡す行為になりますから、しっかりと実行しておきましょう。当然、税金がかかる行為でもありますが、これには非課税枠がありますから覚えておきましょう。これが年間に110万円まで可能になっています。大凡ではありますが月に10万円弱、可能になるのです。

相続を法人としてさせておく

法人化させておくことによって、税金をほぼかけることなく事実上の相続をさせることが可能になる場合があります。要するに地位で相続させるわけです。しかし、持ち株、という部分も少なからずありますから、これに対しては税金がかかることもありますが額面が恐ろしく低いようにできますから、実はほぼ問題ない方法として期待できます。しかし、事業としての実体がある必要がありますから、適当にやるようなことではないでしょう。

マンション経営などをすること

小さなマンションでも或いは、ワンルームでもよいですから経営をするとよいでしょう。これが物凄くよい対策になるのです。具体的にいいますとそこから利益を引き出すことができるようになりますし、そもそも現金での相続ではなくなりますから課税対象の評価額がとても低くなっていくのです。それでも利益は出してくれる可能性はありますし、自分で住むことも可能になります。そうしたやり方が相続税対策としてあるので覚えておきましょう。

相続税対策として一般的なものに不動産購入などがありますが、住宅資金向けや教育資金向けの贈与も非課税枠が設けてあるので、親子2世代に渡るライフプランをしっかり立てておく事が節税に繋がります。